フィラリア症は危険

様々な薬のシート

ハートガードプラスは世界的にも有名なフィラリア予防薬となっており、愛用している飼い主さんは多いと思います。
日本でもカルドメックという名前で動物病院から処方されているので、みなさんの中にも愛犬に投与したことがある人がいるかもしれません。

フィラリアはイヌやネコの体内に寄生する内部寄生虫で、寄生されたまま放置しているとさまざまな症状を引き起こす原因になってしまいます。
蚊を介してペットたちの体内に侵入してくるのですが、このときはまだ幼虫で、目立った症状が出ることもありません。
しかし、フィラリアの幼虫がペットの心臓部や肺動脈にまでたどり着き、そこで成虫にまで成長されてしまったときが問題です。
フィラリアは線虫類の一種で、成虫になると人間でも肉眼で確認できるほどのサイズになります。
そんなフィラリアがペットたちの血管内で成長してしまうと、当然血管は詰まり、血流は悪化してしまいます。
血液の流れが悪くなってしまうことにより、食欲不振や呼吸困難など、危険な症状が出てしまうのです。
また、最悪の場合は死に至ることもありますので、飼い主としては最も気をつけておきたい病気と言っても過言ではないでしょう。

人間の力だけではどうしようもないので、フィラリアを防ぐためにはフィラリア予防薬が必須になります。
カルドメックであれば、フィラリア予防に優れた効果を持っているので、愛犬を守ってあげることができるでしょう。
ただ、カルドメックにはストロングハートプラスというジェネリックもあります。
ジェネリックは新薬と同じ成分・効果を持っているうえ、新薬よりも遥かに安い値段で販売されています。
そこで、今までカルドメックを動物病院から処方されていたという方は、ストロングハートプラスにシフトするのもオススメです。

購入するためには

白いカプセルと白いボトル

ストロングハートプラスはカルドメックと同じ効果かつ値段が安いということで、イヌを飼っている人にはオススメです。しかし、日本で認可されていないため、処方してもらうことはできません。では、どこで購入したらいいのでしょうか。

個人輸入代行って何

手の上でにカプセルを持つ女性

医薬品をネット上で購入できる通販サービス。それが個人輸入代行です。海外から取り寄せた海外製の医薬品を販売しており、違法性や安全性に関してはまったく問題ありません。安心して目当ての医薬品を注文できますよ。

通販利用時の注意

2種類のシートと取り出した2種類の薬

個人輸入代行を使っての医薬品注文はたいへん便利ですが、その一方で気をつけなければいけないこともあります。誤った使用による副作用や、悪徳業者の利用などに注意しながら、正しく利用していきましょう。

記事一覧

色違いの錠剤と大きさ違いの錠剤 「ストロングハートプラスを使って愛犬をフィラリアから守ろう」の記事一覧です。